生活リズムを正してシンプルに“食べる時間”と“温かいものを飲むこと”

“ダイエット方法”というよりも心構えです。
夏になると夏バテで痩せ冬には食べすぎて太るというなを
繰り返していて、夏になればどうせ痩せるから。と言い訳に、
これといってダイエットをしてきませんでした。

しかし夏に痩せない年があり、そこから焦りもあり
気をつけるようになりました。
食事制限や運動は苦手だったので心掛けたことは、
シンプルに“食べる時間”と“温かいものを飲むこと”でした。

夜は9時以降には、食べることをやめてお腹がどうしても空いたときには
炭酸を飲むようにしてお腹を膨らませて誤魔化しました。
あまり夜長いこと起きているとその分内臓は動いているので
お腹が減ってくるので早くに就寝することも重要です。

あと食事の際、スープや温かいお茶を飲むことです。
身体の中から温めて新陳代謝を良くする事を意識していました。
スープもお野菜をたっぷり入れるとお腹も膨れて健康にも良いし
体は温まるので、良いことづくしですよ。

おやつの時間でもホットの紅茶を飲むと気分も落ち着くし、
砂糖も少量いれると程よく甘いのでおやつ感覚として飲む
だけでも気持ちが満足しました。

他にも半身浴をしたり心掛けましたが、時間もかかるので
そのために時間を作るのが勿体なく感じて長続きしませんでした。

なので、毎日の中で取り入れられて面倒くさくないことが
続けるためには必要だと感じました。
早寝や食べる時間、生活リズムをきちんと見直して規則正しく生活
していれば極端に太ることもなく無駄にあった体重も必要な体重の分まで
勝手に落ちてくれるので特別何かを取り入れる必要もないと思います。

2ヶ月目で76Kgあった体重が65Kgに!炭水化物ダイエット

私は炭水化物(糖質)制限ダイエットに挑戦したことがあります。
30代になり、昔は6つに割れていたお腹の脂肪が気になり
一念発起してダイエットすることにしました。

炭水化物制限は炭水化物にさえ気をつけていれば、高カロリーでも、
何を食べてもOKなところに魅力を感じたからです。

ただネットなどで調べてみると、挫折した方も多いみたいだったので、
少しずつ無理なく始めることにしました。

まず朝食、昼食のごはんを抜きにしてみました。
初めは仕事中お腹が鳴りっぱなしで、帰りにコンビニに駆け込んで
フライドチキンをドカ食い、そのまま夜食もしっかり食べるという生活が
2週間続きました。

もちろん体重は一向に減る様子もなし。
ただその頃にはお米やパンを食べたいとは思わなくなっていたので、
フライドチキンはやめずに夜食の白米を抜くことにしました。

そうするとさらに2週間目からは順調に体重が落ちてゆき、
2ヶ月目で76Kgあった体重が65Kgにまでなりました。

炭水化物ダイエットを初めてもう一つ良かったことがあります。
それは自炊をするようになったことです。
炭水化物制限をしていると、お腹が空くので大量に食べるように
なったんです。

コンビニでサラダ、フライドチキン、ナッツ、チーズと買い込んだら
あっという間に1食1000円を超えてしまいます。
致し方なく慣れない自炊を始めたのですが、必然的に
早起きするようになり、さらに健康度もアップした気がします。

今でも週末だけは、大好きなラーメンやカレーを食べたりして、
無理なく続けています。
もちろん腹筋は6つに割れています。

食事面でコントロール、ダイエット成功への大きな要因

今まで「ダイエットをしなくちゃダメだな」と何度も思いつつ
自分を甘やかして来てしまいましたが、30代になり健康面も
気になるようになってきたので意を決してダイエットを
始める事にしました。

今までの経験や友達の体験談から自分には運動して
痩せることはハードルが高いなと感じていたので、まずは
食事から改善してみることにしました。

1人暮らしを始めたこともあり食事面でコントロールできるように
なったことは、ダイエット成功への大きな要因でもあると思います。

実家にいるとどうしても誘惑が多く美味しい母の手料理をついつい
お腹いっぱいまで食べてしまいがちで、お菓子の摂取量も多く
ポテトチップス一袋ぺろりと食べることが恥ずかしながら
日常茶飯事でした。

今はとても便利な世の中になりスマホ用のダイエットアプリが
たくさんあります。
私が選んだのは朝・昼・晩の食事を記録すると自動的に
カロリー計算をし、アドバイスをくれるアプリを使用しています。

目標設定やダイエットをするペース配分も選べますのでとても
便利ですし、体重や体脂肪の推移をグラフデータとして
見られますので体重が減っていくと自分のモチベーションも上がります。

一昔前にレコーディングダイエットが流行しましたが、スマホアプリで
自動計算してくれることによって書く手間もカロリー計算する手間も
なくなり長く続けられると思います。

また食べたものを記録することによって、どんな食品や料理が
カロリーが高いのかがだんだんわかるようになってきますし、
逆に不足しがちな栄養もありますのでバランス良く食事するように
心掛けられます。

極端なダイエットで急激に痩せる方も多いと思いますが、
その場合停滞期やリバウンドがあると聞きます。

私の場合ですがそこまでストイックに「食べてはダメ!」と決めずに、
我慢できない時はお菓子も食べますしお友達と外食もしますし
お酒も飲みます。

緩やかではありますが徐々に体重が減り、ダイエットをスタートしてから
3か月半経ちますが、現在マイナス6.5キロです。

元々がかなり太っていたこともありますが、会う友達からも「痩せたね」と
気付いてもらえるようになりました。
少しスッキリしてくると気分も明るくなりおしゃれも楽しくなります。
これからも継続してダイエットを頑張って行きたいです。

ダイエットは自分のペースでじっくり時間をかけて!

ダイエットで一番大切なのは無理なく続けられることだと思います。
食事にしろ、運動にしろ、続かなければ元の体型にすぐ戻って
しまいます。最悪リバウンドしてしまうかも知れません。

それを防ぐために、ダイエットをするなら、自分が簡単に出来ることから
始めることが重要です。

まず私がしたことは、水を飲むことです。
水を多めに飲んで、便秘を改善したり、老廃物を出したり、
それが習慣になるまで続けました。最初はコップ一杯から始めました。
いきなり一日2?など大量に始めると、すぐ無理が来ます。
水を多く取る事に慣れてきたら、次のステップです。

それは、夕食は三食の中で一番軽くすることです。
そしてなるべく9時までに夕食をすまします。
基本的な事ですが、夜遅くに食べない。これは大切なことだと思います。

早い時間帯(4時から6時頃)に夕飯が食べられる場合は
その時間に食べて、仕事で9時以降の食事になって
しまうようなときは、ゼリー飲料で済ますなどして、次の日の朝に
沢山食べるようにします。

どうしても夜にお腹が空いてしまう日があるかも知れません。
そんな時は、食べないと逆にストレスになってしまうので、
食べたいものを食べました。
ただ、野菜も必ずつけるようにしたり、お酢のドレッシングを
使ったりと出来る範囲で工夫しました。

ここでのポイントは、食べたことを後悔しないことです。
「ああ、今日は夜に沢山食べちゃった」と後悔するより。
「今日はご褒美で沢山食べた。また明日からダイエット頑張ろう」と
考えた方が楽しいし、次の日からも続けられます。

エステに行くなどすれば別ですが、短期間で痩せるダイエットなんて
都合のいいものはないと思います。
半年、一年かけてじっくりと自分のペースでやっていくことが、
ダイエット成功の鍵です。

私はこの方法で、徐々にステップアップしていき、2年で8キロほど
ダイエットに成功しました。